FC2ブログ

久しぶりのさだまさし ニッコウキスゲ

どうも宗則です( ̄^ ̄)ゞ

今回は超久しぶりのさだまさし記事

「あの頃について」というアルバムに収録されているこの曲

正確にはさだまさしという名前ではなくレーズンという、さだまさしの前進グレープが時を経て限定でレーズンとして復活、そのレーズンの唯一のアルバムです

ニッコウキスゲというこの曲

ニッコウキスゲ・・・

別名ゼンテイカ
日光霧降高原尾瀬ヶ原霧ヶ峰などの群落が有名である。 花が黄色で葉がカサスゲ(笠萓)に似ているため、地名を付けてニッコウキスゲと呼ばれだし、全国に広まった。 ただし、栃木県日光地方の固有種というわけではなく、ゼンテイカは日本各地に普通に分布している。(Wikipediaより)

250px-Pcs34560_nikkokisuge.jpg 

美しきこの花をタイトルに霧ケ峰(長野)を舞台に描かれたこの曲

主人公(男性)が友人で喫茶店のマスター(女性)に、主人公の親友でマスターの元恋人(故人)を思い出し語るこの曲

最初から最後まで、静かなメロディーに語り口調で淡々と進む中で、霧ケ峰のニッコウキスゲの美しい情景や、主人公と親友の関係性や、親友の人柄、その親友を失った状況・切なさが淡々と美しく語られています

「7年にもなりますかね あいつが逝ってから 
そういえば来年はもう御柱ですね
花の名前に妙に詳しい 照れ屋のロマンティストでしたね
山と湖の好きな シャイな奴でしたね」

とはじまり

「あの日松本駅の近くで一緒にそばを食べて 
あいつとはそこで別れたきりでした
何しろあいつはそのときにもずっとあなたの話ばかりしてた 
全く恋を語るに似合わない顔でね」

あの日の思い出へと続く、山登りが趣味の親友が恋人(マスター)について語る、きっと武骨な男なのでしょう、そんな彼がニヤニヤ・デレデレと語る姿が微笑ましく描写されてます

20171214211431816s.jpg 

そして一番のサビ

あいつを捜して こちらに一度戻り疲れ果てて東京へ帰ったら、
あの日あいつが出したはがきが届いてた
このはがきで 僕はあい
つがあなたにプロポーズをしてたことを
初めて知ったのでした

突然失踪した親友を探し長野の山を登った主人公、恋人との進展をしりどう思ったのでしょうか?

二番のサビでは

霧ヶ峰で一緒に 写した写真はあれですね 
みんな切なくなる程 いい顔してる
まるでブロッケンのように僕らの前に現れて消えた
あいつを近頃羨ましい気さえするんです

親友との思い出が美しく描かれれ、切なくなりながらも微笑ましい、心にしみるこの歌詞が
なぜか心の琴線に触れるんですよね~

そんな名曲「ニッコウキスゲ」あなたも聴いて聞いてみては?

僕の拙い文章よりも100倍伝わりますよ(。>ω<。)ノ

20171214213332274.jpg 
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ MIX超小型犬へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ ペット同伴旅行へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
category - 宗則の独り言 0 2017/12/20

コメント

非公開コメント